SNARK TALES

適当に気の向くまま、思った事を綴っていきたいと思います。Twitterもやってます。 @Tadano_Nariyuki

熊本地震 第2回 ログ

 
f:id:snarktales:20160514160423j:image
前置きとして
かなりの長文になります。
あらかじめご了承下さい。
 
今回は熊本地震第2回の
ログをここに
残しておきたいと思います。
 
第1回以後この件には
触れていませんでしたが
 
発生から1ヶ月と
日にちが経って
落ち着いてきたので
ここに残しておきます。
 
4月14日で終わりかと
思っていたら…
4月15日に本震が
流石にデカかったです。
 
即、停電したので
これはヤバいと思いました。
 
とりあえず管理人に
呼ばれたので外に避難。
 
避難するからついてきてと
言われ一旦、自室に帰る
そして荷物をまとめる途中にも
この間にも大きな余震が続く…
 
長期戦になると覚悟をしたので
冷静に必要最低限の装備と
着替えを準備。
 
一時避難場所として、 
東海大学に避難。
 
スマホのブラウザで
NHKの速報特番を視聴。
そこで女性に
「どこそこに友人がいるんです」
って相談されましたが
情報が不足していたので
「すいません、まだわかりません」
と返答しました。
 
そこはグランドに
テントがあるだけの
野宿状態。
大きな余震も続いて、
 
当然、眠れない。
 
そして、翌朝
f:id:snarktales:20160514154534j:image
 
電気が通ってるとの
情報を掴み
熊本学園大学に避難。
 
そこは屋内
自分が確保した場所は
天井から水漏れが
していたけど
 
電気もWifiも
開放されていて
 
眠れる環境ではあった。
 
しかし当然、周りが騒がしく、
 
余震の度に鳴る
携帯からの緊急速報のブザー
集団ヒステリー状態。
 
眠れない。
 
 
これが熊本学園大学での夕食
f:id:snarktales:20160514154655j:image
 
そこでボランティアをして
疲れれば眠れると判断しました。
 
ボランティアをしつつ
 
滅茶苦茶になった
自室から
炊飯器と電気式湯沸かし器、
 
f:id:snarktales:20160514154839j:image
 
熊本刑務所で確保した
水を渡す。
 
こちらが学生達が集めた
物資で出た、ご飯。
f:id:snarktales:20160514155141j:image
 
ボランティアの人に
言われて驚いた言葉が
「どう、楽しい?」
と聞かれたので
「必死だと思いますけど?」と
返答してしまいました。
 
ボランティアを纏めてる
人から聞いた事ですが、
 
あまり過剰に奉仕しすぎると
自立しなくなるので
そこの線引きが
難しいと言われました。
 
最初からTwitterで実況も
していましたけど…
かなり助かるアドバイスや
知恵を授けてくれました。
 
でも、不謹慎のラインが
ここら辺で
わからなくなりました。
 
そして、高校時代からの
友人と合流。
 
電気は通電したけど
ライフラインの水が断水。
 
物資集めの車移動開始。
 
ホームセンターで
バケツ、ゴミ袋購入。
 
熊本刑務所で水確保。
 
コンビニで食料調達。
 
地元のネットワークは
情報が錯綜しこの間混乱状態。
 
悪質なデマ、空き巣被害等
犯罪率が上昇。
 
自分も合計
3回盗難にあいました。
 
実家からも
友人の協力で最低限の物と
 
自室に帰っても
責任が取れないから
帰らないでくれと
事前に言われてたので
 
自室からも荷物を持ち出し
仮置きさせていただきました。
 
そして、ようやく
まともに眠れました。
 
f:id:snarktales:20160514154941j:image
友人宅での朝ご飯。
 
翌日も居させて頂くのが
申し訳ないので
 
家事を手伝ったり
買い物を手伝ったりしました。
 
そして、一旦
熊本学園大学に戻りました。
 
こちらは神戸ナンバーのトラック
f:id:snarktales:20160514155549j:image
 
物資も十分あり
ボランティアも人数が
大学生達が頑張っていて
必要ないみたいなので
 
熊本学園大学に避難してから
ずっと隣にいた
おっちゃんが心配だったので
連絡先を交換しました。
 
最新の情報を求め
市役所に移動。
 
f:id:snarktales:20160514155701j:image
 
 
f:id:snarktales:20160514160423j:image
 
で寝床を確保し
市の情報を集めました。
 
二階は被害があったのか
封鎖されていて
 
一階のTVでは
NHKが流れていました。
 
しかし、情報が
まだ足りないので
喫煙所でタバコを
一本近くの人にあげ
情報交換すると、
 
食料が十分ではないと
あちらこちら食料を求めて
転々としていると聞きました。
そして、連絡先交換。
 
ここで夕食を貰い寝ました。
 
次回に続くかもしれません。