SNARK TALES

適当に気の向くまま、思った事を綴っていきたいと思います。Twitterもやってます。 @Tadano_Nariyuki

マン オブ スティール

f:id:snarktales:20160325170403j:image

映画感想 第1回

マン オブ スティール

今日、バットマンVSスーパーマン
公開されたという事で
それに繋がる話が展開される
今日、金曜ロードショーでも放送される
マン オブ スティールを
映画感想の第1回としたいと思います。


ザック スナイダー監督
(300、ウォッチメン)による
スーパーマンリブート第一弾

あらすじは簡単に書くと
スーパーマン誕生の話。

宇宙人カル=エルが地球にやってきて
養父母にクラーク ケントとして
育てられ、自分の出生を知り
1人の女性と出会い
地球の危機に立ち上がり、闘う
そしてスーパーマン
呼ばれる様になる…

以降、ネタバレを含みます。





冒頭から目を引くのは
クリプトン星が描かれる事。
ファンタジックでもあり
SFチックでもある。
ここでの生みの親の愛の深さ
ここの描写は素晴らしいです。

そして地球にやってきた
宇宙人(異能力者)を
育てる親の
惜しみない愛とその苦悩。

そして宇宙人(異能力者)で
ある事を受け入れられず
疎外感を感じながらも
苦悩するクラーク ケント…

しかし、人を助けずにはいられない…

そこの描写が丁寧に描かれている。

誰もが皆、他人とは違う。
だから、疎外感を感じる事もある。
誰しもそこに折り合いをつけて
生きていくしかない。

スーパーマン
圧倒的なヒーローで
なければならない。

だからこそ何度も映画化され
その時代にあった
キャラクター性で親近感を覚えて
そこから圧倒的な憧れとなり
模範となる為に存在する。

そこに至る成長過程を
描写する事で
私達もスーパーマンになれるのだ。
という事を教えてくれる。

今回、スーパーマン
一人では戦わない。
お互いに助け合って
困難に立ち向かう。

人は助け合わずには
生きていけない。

そして、圧巻的な
バトルシーン!

例えるなら
ドラゴンボールしていた。
スピード感と
重厚感溢れる映像!

同じクリプトン星人との
戦いという事で
バトルの規模が大きい。

人も傷つき、
スーパーマンも傷つき
街も破壊される。

それでも立ち上がるしかない。
何かを守る為に戦う。

今回、あのテーマ曲は流れない。
でも、スーパーマンは空を飛ぶ。
戦う。人を助ける。

そして、話は
バットマンVSスーパーマンへと続く…

f:id:snarktales:20160325174351j:image