SNARK TALES

適当に気の向くまま、思った事を綴っていきたいと思います。Twitterもやってます。 @Tadano_Nariyuki

短編 「雨男と晴れ女」

短編小説もどきな物を

書いてみたいと思ったので

書いてみることにしました。

 

「雨男と晴れ女」

 

昔々ある小さな農村に

「雨男」だと噂されて

村中から煙たがれていて

納屋に軟禁されていた

男がいました。

 

しかし、その男は

日照りで干ばつの時には

村の人たちに担がれて

雨乞いの儀式に

利用され、雨が降り

田畑や川や湖が潤うと

用済みだと言わんばかりに

 

またしても

村の納屋に軟禁されたのでした。

 

そんな日々が繰り返されて

男がそんな生活に

ほとほと、うんざりしていた時に

 

隣の農村では

「晴れ女」だと

しきりに噂になっていた

とある女性が

ふと、「雨男」の村に

やって来ると噂が

立ち始めました。

 

最初は「雨男」の居る村に

「晴れ女」なんて来られたら

 

さぞや天気が

荒れ狂うに違いないと

村長や村の上役などは

警戒して二人を

会わせてはならぬと

 

お札を出し村人に

警戒を呼びかけていました。

 

そして「雨男」の居る村に

とうとう「晴れ女」が

やって来る日が来ました。

 

「晴れ女」が来た方角は

明らかに晴れていたのですが

段々と「雨男」の居る村に

近づくにつれて

段々と曇りになってきました。

 

そして、「晴れ女」が

村に入ると嵐の様な

天候になってきました。

 

「雨男」の村の人達は

戦々恐々として

逃げ惑い始めましたが

 

「晴れ女」がとある村人に

「雨男と噂の方の

お宅はどこですか?」

と尋ね、

村人から聞き出すと

「雨男」の納屋の方に

すたすたと歩き始めました。

 

そして、ついに「雨男」の居る

納屋に辿り着き

扉越しに話しかけました。

 

「私は隣村で「晴れ女」だと

言われ村を追い出されてきました。」

 

「それで、もしや私と同じ悩みを持つ

貴方様なら話を聞いてくださるかと

思いまして伺いました。」

 

すると「雨男」が

「わかるよ俺も同じ悩みを

ずっと抱えて生きてきたんだ。

力になれるかはわからないけど

話は聞こうじゃないか。」

 

そこで二人はすっかり意気投合して

しばらくの間話し込んでいました。

 

すると村の周りの天候が

いい塩梅に落ち着いてきたのです。

 

そこで「雨男」が「晴れ女」に

こう言いました。

 

「どうだい?二人でいると

おてんとさんも良い塩梅だし

どうせのことなら

ふたつの村の間にでも

家でもおっ立てて

一緒に暮らしてみないかい?」

 

すると「晴れ女」は

二つ返事で答えたそうな

「貴方とでなら程良い天気で

末永く暮らせそうだね」

 

そして、二人は末永く

ふたりで仲良く暮らしたそうな

めでたしめでたし。

 

以上、初挑戦の

短編小説でした。

もうすでに似た作品があったら

申し訳ありません

完全に閃きで書いたものでして

 

長文、駄文失礼致しました。

虐殺器官

f:id:snarktales:20160807194239j:image

 

私は虐殺器官

ブックカバーが変わる度に

条件反射的に

買ってしまう…

 

アニメ劇場版が

延期されたのも

「彼」の計劃の範囲内

なのではないかとすら

邪推してしまう…

 

兎にも角にも

私にとって

伊藤計劃」という存在は

大き過ぎると痛感しています。

 

小島監督作品のファンの

偉大な大先輩としての存在。

 

作家としての

衝撃的な「虐殺器官

という作品。

 

後の日本SF界に

与えた影響と余波…

 

本当に自分を根底から

揺さぶった作品の1つであり

 

自分の人生においても

1つのターニングポイント

的な作品だったと

 

最近身に染みて

痛感している次第であります。

 

劇場版は是が非でも

観に行かせて戴きます。

大人に対する挑戦状。

 

どうもお久しぶりです。

初めての方は初めまして。

 

とある所を

自転車で通りがかったら

こんなもの↓が落ちてて

 

f:id:snarktales:20160805141655j:image

 

条件反射的に

止まってよく見たら…

はい、そうですね。

 

こども銀行の文字が!…

 

以下、妄想垂流しですが…

 

実は子供達にお金の使い方や

お金の大切さを教える為に

こども銀行券を使って

遊び感覚で教えていて

帰り道に子供が

落としたというのが

本筋だと思わせて…

 

実は子供がわざと落として

大人達がどういう反応をするか

陰から見て楽しんでいた!…

 

そういう筋書きだったら

面白いのに…(笑)

幼女だったら尚良し!

(危ない思想なのか?)

 

以上、駄文でした。 

 

お後もよろしくないですね。

ではまた次回、宜しければ

お会いしましょう…

ストレイト・アウタ・コンプトン

f:id:snarktales:20160618184248j:image


公式サイトはこちら↓

今回の映画感想第6回は
ストレイト・アウタ・コンプトン
でいきたいと思います。

現状に満足できない
人達が仲間となり
ラップを選び武器として
世界に戦いを挑んだ
漢達の物語。

そこに襲いかかる
現実。

魂を揺さぶる作品でした。


個人的ツボは
レコードのコレクションの中に
ジャケットが度々映る所!
個人的に脳汁ドバーッです(笑)


f:id:snarktales:20160618122915p:image

2016年 6月5日 日記。

f:id:snarktales:20160605192348j:image
今日は日曜日だったので
熊本城にパワーを
貰いに行ってきました。

パルコ前の謎の石
f:id:snarktales:20160605192100j:image

f:id:snarktales:20160605192258j:image

f:id:snarktales:20160605192940j:image

f:id:snarktales:20160605192427j:image

f:id:snarktales:20160606061842j:image


f:id:snarktales:20160605192348j:image

f:id:snarktales:20160606061929j:image

さて、熊本は映画館が
営業再開されたりと
着々と復興していると
感じました…

キッズ達に譲るってか
おじさん1人で
観に行く勇気は
流石にないな〜と…

熊本が舞台な作品って
浮かばないのは
おじさんの頭が
古いのかな?

ではまた次回
お会いしましょう…

200回転突破記念

f:id:snarktales:20160601195238p:image

しばらく忙しくて
ブログ見ていなかったのですが
いつの間にか
200回転越えてました!

1人悶絶しました。

皆々様ありがとうございます。

これからもどうぞ
ごひいきに。

それではまた。

博多弾丸旅行の思い出。 その2。

キャナルシティ博多には

ウルトラマンショップ↓
f:id:snarktales:20160830163939j:image
f:id:snarktales:20160830164623j:image
 
自分にとっては
天国かもしれないですね…
 
それと夜の街並みが
SFチックなのが
堪らないんです。
 
大きな川沿いに
屋台が並んでたり、
発展具合もいい感じに感じて、
 
まるで攻殻機動隊 S.A.Cの
攻殻機動隊の設定では
福岡が首都になっていて
S.A.C 2nd GIGの8話で
博多の屋台で荒巻課長と友人が
ラーメンを食べるシーンがある。)
 
世界に迷い込んだみたいで…
 
それに妖怪ウォッチ
レベル5の日野社長が
公演をやって
 
ベンチャー育成の講習?
みたいなのをやっている
というのもスゴいし、
本屋の品揃えも豊富。
 
個人的所見はこんな所です。